およそ 2ヶ月半に渡る、首都圏1都3県の緊急事態宣言が 03月21日にようやく解除される…ならば、勝手に観光業界を盛り上げる活動をしている自分としては、旅だたねばいけない!!

※時は、2021年03月上旬の話デス… 

まずの話として、めでたくも東京に転勤となり単身赴任をする事に…

 

 

 

東京に賃貸マンションを借りる事にして、部屋を作る事に注力していたので多くの方が訪れてくれている、この趣味の旅ブログを疎かにしてしまっていた…

 

※部屋のセンスがないとか、趣味が悪い等のクレームは一切 受け付けません!! 

東京⇔横浜の日々を忙しくも楽しんでいるのだが、唯一の不満はこの最新のWiFi6で繋げた、この愛機を使用する環境がこのスペック…

 

※愛機である、マウスのPC自体は本当に最高レベルなのに!!

 

 

 

※横浜は自宅での練り上げた、nuro有線上下爆速仕様と比較するとお話にならない。

さて…いつも通り話が思いっきりそれたので本編を。

 

 

 

まずの東京湾アクアラインは「うみほたる」での写真を挟んだりして…

 

 

 

旅ブログのセオリーを一切無視しての話は、まずは旬が最後に来ているアンコウを食べたいな→が、何故だか千葉県は勝浦を目指している道中の鋸山(のこぎりやま)は日本寺の大仏広場前の駐車場の一枚から…

 

ややこしくて非常に申し訳ないが、千葉県は勝浦を目指している道中の一枚!!

 

 

 

千葉県は鋸山といえば、石を削り出した岩肌がのこぎりの刃の様に映るためその名が付けられたという。ロープウェイやハイキングコースがあり、大人から子供まで楽しめる観光地となっている。

 

まずの拝観料は、大人1枚\700なり。

 

 

 

そんな観光地である鋸山を、さくっとポイントだけ抑え散策する事に…

 

 

 

まずは鋸山日本寺(正式には乾坤山日本寺)にある大仏を目指す。

 

 

 

こちらも子供の頃に、よく来ていた場所だね。

 

 

 

道中は 山桜が開花し始めたり、春の息吹を感じながら大きく深呼吸したりして。

 

 

 

大仏口管理所前の駐車場から、約5分の工程で見えて来る…

 

 

 

日本一大きな大仏様(正式には、薬師瑠璃光如来)だが、大きさに関しての基準は様々ある。

 

※青銅製大仏立像としては、牛久大仏が一位等々…

石製座像の大仏としては一番大きいのだが、そんな事実よりも実際に足を運んで見る価値の方が大きいと感じる。

 

※一度も来た事が無いのであれば、非常にお勧めの地である事は間違いないと思う!!

その他、大仏広場には「お願い地蔵尊」なる無数のお地蔵様が祀られていたりする。

 

 

 

ここもパワースポットとされている場所だね。

 

 

 

さて…今回の観光は、ウルトラショートで先を急ぐ事にする…

 

 

 

はい、早くも山頂駐車場に到着の図。

 

 

※鋸山は、本当に様々なルートを選べるので本当にお勧め。

読んで字の如く山頂駐車場からは、山頂が非常に近い。

 

 

 

工程として、この様な感じ。

 

 

 

さて…

 

 

 

道中は、この様な感じで進む…

 

 

 

ほぼ到着の図ね。

 

 

 

 

 

 

※山頂からの景観は、ぜひ足を運んで眺めて下さい…

 

 

 

※旅館に早く着いて、まったりしたいので 今回は頂上まで行きません…

そんなで鋸山は、百尺観音様を 久々に拝む事に。

 

 

 

久々なのだが、やはり圧巻だね。

 

 

 

観音様としては無論の事、息をのみ非常に見応えがある。

 

 

 

さて、本来であれば紹介すべきであろう有名な「地獄のぞき」を下から望むの図。

 

 

 

ブログ的に申し訳ないが、これで旅館に向かう事にする…

 

 

 

道中を大幅にカットして、今回の目的地であるお宿に到着!!

 

 

 

一旦、駐車場がわからず入り口に駐車したのだが…本来は、この奥が本来の駐車場の様だね…

 

 

だってこの様に、トンネル前の看板に書いてあるから。。。

 

 

 

&この先が、目的の一つでもあった「鵜原理想郷」なんだね。

 

 

 

どうせ、他の車両はこないであろうから ゆっくりと楽しみながら写真を撮るの図。

 

 

 

この様に、非常に趣のある手掘りのトンネルをくぐると見えて来るその駐車場。

 

 

 

はい、無事目的地に到着してまずは車を止めた所…時期にもよるだろうが、駐車スペースはこの他多くあり、安心して大型車も停められる様だね。

 

 

まずの今晩お世話になるお宿の一枚。鵜原温泉 磯香の湯宿「鵜原館」さん…ここの宿は、眼下に漁港を眺望し静かな海辺の一軒宿といった感じ。まずの感想は ほっとする居心地の良さがある。

 

そんな敷地すぐ脇に位置するは「鵜原理想郷」という、1周2300mあるリアス式海岸がありハイキングコースが設けられている。

 

 

因みに、勝浦の隠れた秘境と謳われている素晴らしい景観が望める観光地!!

 

 

 

はい、まずのこんな感じで雰囲気は抜群で癒される。

 

 

 

癒されるといえば、やっと車を降りてからのこの銀のエナジードリンクも同行中♪

 

 

 

本来であれば、このまま様々余すことなく鵜原理想郷を紹介して行きたかったのだが…このままの流れで、ゆっくりと本格的に飲みたいという勝手な思いから、早めも早めに散策をきり上げる事にしようかな…

 

 

 

 

※飽くまで趣味で、作成しているブログなのでご了承下さいませ。。。

なので入り口付近の雰囲気としては、この様な感じで自分的には相当に癒されてる。

 

 

 

では…

 

 

 

早速ではあるが、お宿にチェックインしてゆっくりしようとしたいと思う。

 

 

 

今回お世話になるお宿は「磯香の湯宿 鵜原館」さんといい、入り口眼下にはこの様な景観が広がる。

 

 

なので早速のレセプションを…

 

 

 

フロントはこの様な感じで、まずは静かで落ち着けそうな印象。

 

 

 

後ろの目を向けると、大型のパンパスグラスや各著名人のサインが飾られている。

 

 

 

今回お世話になる部屋は、西館なので この様に趣のある洞窟をずんずん進む…

 

 

 

程なくして到着、これでゆっくりと本格的に飲む事が出来る…

 

 

 

モードをこんな風にしてからの部屋の入口の一枚。非常に洗礼されていて良い。

 

 

 

部屋に入ると、奥は広縁というよりも もう一室有るかの様な印象。

 

 

 

まずの茶菓子が、こんなであったり…

 

 

 

その他、トイレがこの様に清潔であったり…

 

 

 

そして随所にこんな生花が飾られており、これは非常にポイントが高く癒される…きっと美人女将のチョイスなんだろうね。

 

 

広縁であるこちらにも、各種ドリンクの他にこの様に生花が飾られている。

 

 

 

非常に良いお宿と見受けました!!

 

 

 

さて…

 

 

 

そんな腰掛式のハンモックに揺られながら、ゆっくりゆっくりと飲みなおすとしますかね♪

 

 

窓からは暖かい日差しが差し込み、景観はこんな感じで非常にまったり過ごせそう。

 

 

 

ご覧の通り早いチェックインなのだが、宿でまったりとゆっくりと過ごす時間が非常に癒される時間なので…

 

 

因みにこちらのお宿は、ドリンクの持ち込み禁止のお宿なので冷蔵庫にあるエナジーを美味しく頂く事に!!

 

※冷蔵庫内は、これでもかって位に各種ドリンクが用意されているから安心!!

その他こんな、カリモクは Kチェア風な綺麗な二人掛けがあったりして。

 

 

 

揺られて飲むと、酔いが進む事が判明の図。

 

 

 

さて、そろそろ頃合いなので貸し切り温泉である「展望風呂」に向かう事に…

 

 

※ブログ上の演出を含む進行なので、皆さんは飲酒後の入浴は止めましょう!!!!

さて…お世話になる部屋のある西館からだと、この様な景観から展望風呂に進む。

 

 

 

道中は、この様なトンネルを進み…

 

 

 

こんな吊り橋があったりと、趣は非常に演出を楽しめる道のりとなり単純に楽しい。

 

 

 

向かうは「展望風呂」ね。

 

 

 

まずのこんな感じで…

 

 

 

迎えるは、こんな感じ。

 

 

 

景観も湯船につかると、センターが大きく開け磯風がこごちよく気分が非常に良い。

 

 

 

では…

 

 

 

改めて…

 

 

 

ディパーチャーという事で♪

 

 

 

日々のストレスと上手に付き合うコツは、大きな深呼吸と青空を眺める事…自分を癒せるのは、改めて自分次第と思ったりして…

 

 

ゆっくりと温泉を楽しんだその後ね…

 

 

 

湯上り後は、宿の辺りをゆっくりゆっくりと何も考えずに散策する…っと、決めているのからの癒されている図。

 

※癒されてるので、こんなモードで撮っている一枚…

その後の部屋に帰る途中ね。

 

 

 

部屋の戻ると窓からの景観は、ゆっくりと本日の幕を閉じようとしている…

 

 

 

更にその後からのディナータイムね♪

 

 

 

まずのお通しの一枚からの…

 

 

 

地魚のカルパッチョからディナーは始まる!!

 

 

 

うーん、浮気は日々しつつも 常に銀色のやつ一択の図。

 

 

 

楽しみししていた、新鮮なお造りね。

 

 

 

まずのサザエから頂く事に♪

 

 

 

土地柄 ここ鵜原温泉 磯香の湯宿「鵜原館」さんは、流石に眼下に漁港を望む立地なだけに、長年多くの宿での夕食を頂いたが、別格の鮮度で凄いと感じる。

 

 

そんなのこんな感じで、美味しくディナーは進む。

 

 

 

間に こんな茶碗蒸しを挟みながらの…

 

 

 

オプションで付けた、アワビを頂く事に…

 

 

 

まずのここから♪…ケンタ同様人それぞれ、好きな部位があったりして…

 

 

 

その後も金目の煮つけも一尾出て来たりして!!

 

 

 

凄く美味しい!!

 

 

 

その後も写真以外にも、コースは 続き非常に満足出来るディナーだね。

 

 

 

最後は、お茶漬けで締める事に…

 

 

 

宿代を鑑みるとコロナ過もあるであろうが、久しく改めてもう一度来てみたいと感じる素晴らしい食事だった。

 

 

最後にデザートを頂て、非常に満足のいくディナー♪♪♪

 

 

 

その後は、酔いが進み直ぐに気持ち良く就寝の途に就く事に………

 

 

 

おはようございます。まだ、他のお客が起きては来ないであろう時間!!トラベラーとは酔っていようが酔ってまいが、早起きでなければいけない!!

 

 

何故なら、朝風呂に気持ち良く浸かりたいから…

 

 

 

家族風呂はこんな感じなんだね。朝日が丁度入り始めて気持ちよさそう!!

 

 

 

その他も様々なコンセプトのお風呂があるのだが…全貌をきちんと把握するのは、改めての楽しみとするかな。

 

 

そして、家族風呂の前にはこの様な無料アイスがある事に気づく!!無論、一つ頂き美味しく頂く♪

 

 

そんなその後の朝食の時間。

 

 

 

まずの前八寸といった感じで食事は始まる。前菜は、もとより好きなんだよね…

 

 

 

海辺の旅館らしい朝食の一品。写真に写るまんまに美味しかった!!

 

 

 

その他旅館の朝では、こんな当たり前に出る焼海苔や小さなパックの納豆が本当に美味しく頂けたりして♪

 

 

鵜原温泉 磯香の湯宿「鵜原館」さんは、全般を通し料理が美味しく静かな海辺の宿で温泉が楽しめる、非常に良い温泉宿だね。

 

 

美味しく朝食を頂いたその後は…

 

 

 

さてさて、今回は特に後ろ髪を引かれるが…潔くチェックアウトに向かう事に。

 

 

 

改めての朝の入り口前からの景観…磯風が気持ち良く上がって来て、最後まで気持ちいい。

 

 

その後は、横浜に帰る道中の一枚。

 

 

 

2021.05
2021.05

さてさて、今回のショートトリップは03月の事なのだが、東京への引っ越しに忙しく非常にUPが遅くなってしまった…次は、どこに行こうかね。